file00003

Posted by tinyseo on 金曜日 4月 28, 2017 Under 通信

オプションとなりますが、WiMAXのサービスエリア外であっても、高速で有名なLTE通信が利用可能な機種も存在しますので、端的に言ってこのWiMAXの機種さえ1台所有していれば、概ね全国各地でモバイル通信ができます。
自宅はもとより、出掛けた時でもインターネットに簡単に接続できるWiMAXではありますが、常時自宅以外で利用するようなことはないと言うなら、WiMAXモバイルルーターよりも一般家庭用のルーターの方が間違いなくおすすめです。
WiMAX2+も、サービスエリアが段階的に広がってきております。言うまでもなくWiMAXのモバイル通信エリアならば、それまでと変わらぬモバイル通信ができるわけなので、速度を気にすることがなければ、不自由を感じることはないと言えます。
WiMAXモバイルルーターにつきましては、種類が複数あるわけですが、一つ一つ備わっている機能が当然異なります。ご覧のサイトでは、ルーターひとつひとつの機能であったり規格を比較一覧にしていますので、ご覧ください。
モバイルルーターの購入に対し、キャッシュバックキャンペーンを行なっているプロバイダーも幾つか存在します。キャッシュバック分を差し引いて考えた料金を比較して、ランキングにしてお見せしております。

それほど知られてはいないようですが、「ポケットWiFi」というのはワイモバイルの登録商標です。けれどもWiFiルーターの仲間であることから、正直申し上げて一般の名詞だと考えている人が大半です。
ワイモバイルというのは、NTTDoCoMoなどと同じく自分の会社でモバイル用回線網を有し、その回線を利用したサービスを提供している移動体通信事業者で、SIMカード単体での販売も行なっているのです。
「WiMAXを最安料金で不安なく活用したいと思っているけど、どのプロバイダーと契約すべきか考えがまとまらない」と言われる方のために、WiMAXを販売しているプロバイダーを比較した専用サイトを作りましたので、是非参考になさってください。
自社で回線を所有していないプロバイダーは、本家と言えるUQWiMAXから通信回線設備等を貸してもらうためのコストしか負担しなくて済むので、UQWiMAXと比較してみようとも、その料金はリーズナブルであると言っても過言じゃありません。
WiMAXギガ放題プランと言いますのは、たいてい2年間と決められた期間の更新契約を前提として、基本料金の値下げやキャッシュバックがあるのです。そうした実情を念頭に置いて契約した方がいいでしょう。

Y!mobile(Yモバイル)であるとかドコモにて設けられている「3日間で最大1GB」という制限ですが、1GBというのはパソコンなどで動画を見ますと2時間前後で達することになり、そのタイミングで速度制限が掛かることになります。
ポケットWiFiと言いますのは、月毎に利用が許される通信量とか電波の種類が異なっているので、どのように使うのかにより各人に合うモバイルWiFiルーターも異なるのが通例です。
一番凄いプロバイダーなどは、キャッシュバックを4万円に届きそうな金額にしていますので、モバイルWiFi自体の月額料金が周りのプロバイダーと比べて高額でも、「トータルコストで言うと得することになる」ということがあり得るわけなのです。
毎月毎月のデータ使用量が無制限と規定されている「ギガ放題」が注目を集めていますが、WiMAX2+には「通常プラン」というのも提供されているのです。このプランは、「データ使用量の上限は7GB」となっております。
モバイルルーターにも様々な機種がありますが、それらの中でも顧客満足度ランキングで、どんな時も上位に位置するのがWiMAXです。その他のルーターと比較しても回線速度が速いですし、行動範囲が広い人に使っていただきたい一品ですね。

Tags : | add comments

仕事を楽しくするネットの

Posted by tinyseo on 火曜日 4月 25, 2017 Under インターネット

WiMAXの1ヶ月の料金を、とにかく安くしたいと思っていろいろ調べているのではありませんか?そういった人の為に、毎月の料金を削減するための秘策をご案内いたします。
WiMAXモバイルルーターにつきましては、種類がさまざまあるわけですが、個々に盛り込まれている機能が相違しています。このページでは、1つ1つのルーターの機能であったり規格を比較しております。
現時点でWiMAXを提供しているプロバイダーは20社余りあり、各々キャンペーン特典の中身であるとか料金が違います。このサイトでは、選んで間違いのないプロバイダーを8社ご案内いたしますので、比較してみてください。
WiMAXが使えるのか否かは、UQコミュニケーションズがインターネットに載せている「サービスエリアマップ」を確認したらはっきりします。判断しづらい場所に関しましては、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判定できるでしょう。
映像を見るのが好きなど、容量が通常より大きなコンテンツを主に利用するという人は、WiMAX2+の方が合うはずです。いくつかプランがありますので、それらのプランを比較しならご説明します。

WiMAXのギガ放題プランにつきましては、データ通信量が3日で3GBを超えるようなことがあると速度制限が掛かることになりますが、その制限があっても相当速いので、速度制限に気をまわし過ぎる必要はないと思います。
「WiMAXのサービスエリア確認をしてみたけど、間違いなく繋がるのか?」など、自分自身が常日頃PCを利用している所が、WiMAXを使用することができるエリアかどうかと思い悩んでいるのではないですか?
モバイルWiFi端末の分野において、ワイモバイルのポケットWiFiが低価格の先頭を走っています。ワイモバイルが現れなければ、今日この頃のモバイルWiFi端末業界においての価格競争は起こらなかったでしょう。
プロバイダー各々が決定しているモバイルルーターの一ヶ月の料金やキャンペーンを比較して、ランキング形式で並べてみました。ルーターを探している方は、最優先で閲覧していただきたいです。
サービス提供エリアを拡大することや通信を安定化させることなど、解消しなければいけない課題はまだまだありますが、LTEは不自由を感じないモバイル通信を実現すべく、「長期に亘る進歩」を継続中です。

今現在WiMAXを使用しているのですが、先入観無しでモバイルWiFiルーターを比較し、「現実満足度の高いものはどのルーターなのか?」を確かめてみたいと思います。
ワイモバイルも通信可能なエリアは凄いスピードで拡大しており、離島や山あいを除外した地区ならかなりの確率で使えると断言できます。インターネットに4G回線を利用して接続することが困難な時は、3G回線を使って接続することができるので、何の心配もありません。
モバイルWiFiの月毎の料金は2000円台~4000円台ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックを武器にしているところがあります。このキャッシュバックしてもらえる金額をトータルの支払い額から差し引きますと、実質支払額が算出されます。
ポケットWiFiという呼び名はソフトバンク(株)の商標になっているわけですが、総じて「3G回線もしくは4G回線を用いてモバイル通信をする」ときに必要な小型のWiFiルーター全部のことを意味します。
現在ラインナップされているWiMAXモバイルルーターの全種類の中においても、W03は断然バッテリーの持ちが長いのです。仕事で外出している時も、まったく心配することなく使うことができます。

Tags : | add comments

WiMAXは現実に料金が安いのだろうか…。

Posted by tinyseo on 水曜日 4月 12, 2017 Under インターネット

ソフトバンクの通信ブランドである「ポケットWiFi」に関しては、WiMAXと比較しますと低速だと言えますが、その周波数が好影響を及ぼして電波が達しやすく、屋内にいてもほぼ接続できるということで人気を博しています。
WiMAXは現実に料金が安いのだろうか?利用のメリットや意識すべきポイントを知覚し、徐々に流行りつつある格安SIM等とも比較した上で、「確実に安いのか?」についてお話させていただきたいと思います。
NTTドコモであったりY!mobile(Yモバイル)に設定のある速度制限を受けますと、下り速度が128kbpsにされてしまいますが、この速度にされてしまうと、画像を多用しているウェブサイトのTOPページを開こうとしましても、20秒から30秒は取られることになります。
WiMAX2+も、サービスエリアが段々と拡大されつつあります。敢えて言うことでもないかもしれませんが、WiMAXのモバイル通信エリアならば、従来と同じモバイル通信ができますので、速度が気にならなければ、不自由を感じることはないと言ってもいいと思います。
ポケットWiFiという呼称はソフトバンク株式会社の商標ですが、多くの場合は「3G回線ないしは4G回線を使ってモバイル通信をやる」場合に外せないポケットに収まるようなWiFiルーター全般のことだと解されています。

「WiMAXを最安料金で心置きなく使用したいのだけど、どのプロバイダーと契約すべきなのかが分からない」という人の為に、WiMAXを売っているプロバイダーを比較したWiMAX特別ページを開設しましたので、是非ご参照ください。
1か月間のデータ使用量がフリーとなっている「ギガ放題」が注目を集めていますが、WiMAX2+には「通常プラン」というのもラインナップされているのです。このプランは、「データ使用量の最大値は7GB」と規定されているのです。
WiMAXのモバイル通信エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと公表されています。都内23区は当たり前の事、日本の県庁所在地などにおいては、不自由なくサービスを享受することができると認識して頂いて構わないと断言できます。
「WiMAXを購入することにしたけど、通信サービス可能エリア内かを確かめたい。」とお思いの方は、「15日間無料トライアル」サービスがありますから、その期間を積極的に利用して、毎日の生活で使用してみて判断したらいいでしょう。
このWEBサイトでは、あなた自身にマッチしたモバイルルーターを選んで頂ける様に、各プロバイダーの速度とか月額料金等を調査して、ランキング形式にてご披露しております。

現在の4Gというのは本当の意味での4Gの規格を満たしているわけではなく、日本においてはまだ提供されていないモバイル通信サービスということになります。その4Gの正式な市場投入までの移行期間の通信規格として登場してきたのがLTEになります。
WiMAX2+のギガ放題プランにすれば、1ヶ月7GBというデータ使用量制限はありませんが、3日間で3GBを超越しますと、速度制限に引っかかると考えていてください。
WiMAXモバイルルーターについては、幾つかの種類がありますが、その種類により実装されている機能が全く違っています。こちらのページでは、それぞれのルーターの機能であるとか様式を比較していますので、参考になさってください。
いずれのモバイルルーターにも3日間で3GBか1カ月間で7GBの速度制限規定があります。とは言え非常識な利用さえしなければ、3日で3GBを使い切ってしまうことは大概ないので、そんなに心配しなくても問題ありません。
モバイルWiFiルーターを購入するという場合に、とにかく丁寧に比較すべきだと指摘されるのがプロバイダーなのです。プロバイダーそれぞれで、売っている機種だったり料金が相当異なることが明らかだからです。

Tags : | add comments

WiMAXの月々の料金を…。

Posted by tinyseo on 木曜日 4月 6, 2017 Under インターネット

Y!mobile(Yモバイル)であるとかNTTDoCoMoにてルール化されている速度制限が実施されることになりますと、下り速度が128kbpsという数値になってしまうのですが、この速度になると、少々画像の多いウェブサイトのトップページを開くというだけで、30秒前後は掛かると思います。
ポケットWiFiという名前はソフトバンク株式会社の商標になっているのですが、多くの場合は「3G回線あるいは4G回線を用いてモバイル通信をやる」場合に外せない「手のひらサイズ」のWiFiルーターのことを意味すると考えていいでしょう。
ポケットWiFiと申しますのは、一定期間に使用できる通信量とか電波の種類が違いますので、利用目的により選定すべきモバイルWiFiルーターも異なると考えていいでしょう。
モバイルルーターに関してリサーチしていると、常に目に入ってくるのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。いろいろと見ていくと、4万円に届こうかというくらいの高額なキャッシュバックを敢行しているところもあります。
これから先WiMAXを購入するつもりがあるのなら、どう考えてもギガ放題のWiMAX2+にした方が賢明です。通信速度が速いばかりか、WiMAXのサービスエリア内でも使えるので、通じないということがほぼ皆無です。
モバイルWiFiルーターを選択する場合に、必ず注意深く比較すべきだと考えられるのがプロバイダーなのです。プロバイダー次第で、販売しているモバイルWiFiルーターの機種や料金がまったく変わることが分かっているからです。
ワイモバイルと言いますのは、ドコモなどと一緒で自分のところでモバイルの為の通信回線網を持ち、独自のブランドでサービスを市場に提供する移動体通信事業者(通称:MNO)で、SIMカードのみのセールスもやっております。
WiMAXモバイルルーターと称されるものは、WiMAXのモバイル通信網を有効利用して、パソコンとかタブレットなどのWiFi機能が整っている端末をインターネットに繋げる為の、ポケットに入るくらいの通信機器になります。
いつもWiMAXを使用しているのですが、新規一転モバイルWiFiルーターを比較し、「現段階で一番いい機種はどれになるのか?」を見定めたいと思っているところです。
WiMAXのギガ放題プランに関しては、データ通信量が3日で3GBを超過してしまうと速度制限が為されますが、その制限があろうともそこそこ速いので、速度制限を怖がることは不要だと言えます。
自宅は当然の事、出掛けた時でもインターネットに繋ぐことが可能なWiMAXですが、もっぱら自宅でしか使用することはないと言うのなら、WiMAXモバイルルーターなんかよりもご自宅用のルーターの方が間違いなくおすすめです。
モバイルWiFiルーターと申しますのは、契約年数と月毎の料金、それに加えて速度を比較して選定するのが重要点になります。それから利用するであろうシーンを考慮して、通信サービス可能エリアを明らかにしておくことも肝要になってきます。
こちらのサイトでは、銘々にちょうど良いモバイルルーターを選定して頂けるように、プロバイダー一社一社の料金だったり速度等を精査して、ランキング形式にて掲載しております。
プロバイダーで随分異なりますが、キャッシュバックでもらえる額はそれほどまで高いと言うことはできないけど、手続き自体を手間のかからないようにしているところも見られます。その様な点も比較した上で選んだ方がいいでしょう。
WiMAXの月々の料金を、とにかく安くあげたいと思っているのではないですか?そのような方の為になるように、月毎の料金を削減するための秘訣を紹介させていただこうと思います。

Tags : | add comments

WiMAXに関しては…。

Posted by tinyseo on 木曜日 4月 6, 2017 Under インターネット

WiMAXに関しては、本家と言えるUQはもとより、MVNOと言われる業者がセールスしています。言うまでもなく速度や通信サービス可能エリアが変わることはあり得ないですが、料金やサービスはバラバラです。
WiMAX2+をネット販売しているプロバイダーの月毎の料金(2年契約満了時迄のキャッシュバックも勘案した合計支払額)を比較した結果を、安い順にランキング形式でご案内します。
1カ月間のデータ通信の制限が規定されていないWiMAXギガ放題の項目別料金を、各々のプロバイダーで比較して、おすすめ順にランキング化しました。月額料金だけで決定するのは早計です。
モバイルWiFiルーターをセレクトする場合に、断然手を抜かずに比較すべきだと言えるのがプロバイダーです。プロバイダー一つで、取り扱っているWiFiルーターであるとか料金が相当違うからなのです。
WiMAX2+のギガ放題プランにしたら、1カ月間7GBというデータ使用量の規定はなくなりますが、3日間で3GBを越えますと、速度制限対象となってしまうことがあるのでご注意ください。
「WiMAXを購入しようと思っているけど、サービス提供エリア内かどうかが不安だ。」という人は、「15日間無料お試し」がありますから、その無料サービスを活用して、現実に使用してみるべきでしょう。
当ホームページでは、「通信できるエリアが広いモバイルルーターを買いたい!」とおっしゃる方の参考になるように、通信会社毎の通信可能なエリアの広さをランキングの形にしてご案内中です。
Y!mobile(Yモバイル)であるとかdocomoだとしたら、3日間で1GBという通信量をオーバーすると、規定された期間速度制限が実施されますが、WiMAX(ノーリミットモード)だとしたら、そうした制限は存在しません。
LTEに引けを取らない高速モバイル通信を行なうことができるWiMAXという通信規格も人気を博しています。ほぼほぼノート型パソコンなどで利用するという人が多く、「何時何処ででもWiFi高速通信に接続可能!」というのがセールスポイントです。
「モバイルWiFiを購入しようと考えているけど、無制限・高速モバイル通信として注目を集めるWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイル提供のポケットWiFiのどちらを選択すべきかなかなか決められない。」と言われる方を対象に、両者を比較してみました。
本当にワイモバイルとWiMAXという人気抜群の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や月毎の料金などを比較してみたところ、上位機種における下り最大速度を除いた大体の項目で、WiMAXの方が優っていると分かりました。
ポケットWiFiと言いますのは、月毎に利用が許される通信量とか電波の種類が異なっていますので、利用目的によりそれぞれに相応しいモバイルWiFiルーターも違うのが普通です。
プロバイダーの1社「GMOとくとくBB」は、惹きつけられるキャッシュバックキャンペーンを継続中ですが、キャッシュをミスることなく手にする為にも、「キャッシュバック振込準備完了メール」が受信できるようにメール設定しておかなければなりません。
通信エリアの充実や通信の安定化等、克服すべき課題はまだまだありますが、LTEはスピーディーなモバイル通信の実現のために、「長期の変革」を展開中だと言えます。
全く一緒のモバイルルーターだとしましても、プロバイダーが違えば月額料金は異なります。こちらでは、評判のいい機種を“料金”順でランキングにしてありますから、比較しやすいと思います。

Tags : | add comments

NASを使って動画ファイルをリビングで見る

Posted by tinyseo on 土曜日 3月 5, 2016 Under パソコン

日頃撮影した映像をパソコンで編集したりするのですが、リビングのテレビで見るにはいちいちDVDに焼いたりする必要がありました。
また、最近はハイビジョンでの撮影となるため、それをBlu-rayディスクに焼くのはコスト面や管理面からも負担です。

そこで映像をMP4動画ファイルに変換して家庭内LAN経由で再生する事を考えました。
テレビ側は最近流行りの外付けのメディアプレーヤーを使います。
最初はパソコンのファイル共有もしくはDLNAでの配信を試したのですが、利用に問題はないものの動画を見る間パソコンを立ち上げておかないといけないので電気代がかなりかかりそうでした。

次に考えたのが無線LANアクセスポイントにハードディスクを接続してのファイル共有ですが、容量の制限や接続機器の相性の問題がありすぐに断念しました。
そこで導入したのがNASです。国内メーカーの製品は評判がよくないので海外の専業メーカーの入門機にしました。拡張性と故障を考えてハードディスクを2台搭載できるタイプにしてあります。
このメーカーの製品は管理方法がよく考えられており、ブラウザを使って様々な設定が可能、希望すれば音楽配信やWebサーバー、メールサーバー等のアプリをメーカーのサイトからダウンロードして機能拡張できる柔軟さもあります。

私の場合はファイルを見られればよいのでDLNAによる共有の設定をしましたが画面も分かりやすく迷う事なく設定できました。
専業メーカーの製品なのでエントリーモデルとは言え性能も十分で、動画を色々操作しても問題なく動作します。
ハードディス内蔵型のNASになるので起動したままにしておいてもパソコンを立ち上げておくのに比べれば圧倒的に電気代が節約できる点もかなり満足できます。
パソコンを点けっぱなしにしておく事で火事になるケースも聞くのでNASを使う安心感もあると思います。

Tags : | add comments

729円の格安のデジタルオーディオでした

Posted by tinyseo on 金曜日 2月 26, 2016 Under パソコン

今では一応は周辺機器などの使い方は分かってきましたが、全く初心所の時に周辺機器の使い道を全く知らない時があったと思います。
その時に格安で古い型のデジタルオーディオを見つけた720円という破格の値段のデジタルオーディオにはカードリーダというものがありました。
自分としたらパソコンに使用することができたのは、パソコンで搭載しているDVDドライブだけと思いこんでました。

カードリーダーを使うためにはパソコンへのインストールしなければならない。
これがまたまた分からないことだらけと感じていました。インストールするためには、付属のソフトが入ってるCDを挿入しなければならないのを初めて知りました。

その作業をようやく終わってから、手持ちの音楽をこのカードリーダーを使って入れ込む作業をやっていました。
この作業は本当にパソコンの型が古いせいなのか?それとも初心者過ぎてパソコンのことが全く分からない人が使ってるのか知らないが、なかなか思い通りに進まなかったことを覚えています。
USBを使って周辺機器を使えることをここで初めて知ることができたのはこの720円のデジタルオーディオのおかげだと今ではそう感じています。

Tags : | add comments

メモを取る時には必ず使っていたものがあります。

Posted by tinyseo on 金曜日 2月 26, 2016 Under パソコン

地元の生協の広報委員として活動してる時にバッグの中にあったのがポメラでした。
広報委員として取材をして原稿を書く時のメモを作成する時には必ずと言っていいほどこのポメラで取材先で打ち込んでいました。
本当ならメモ帳とペンを取り出してメモを書く作業が好ましいのですが、文字も汚いし、それに時系列的にも自分の考えや思いをまた振り返ることができこともあり、必ずバッグの中にいれていました。

取材先で催し物の様子や風景を打ち込むのは個人的に色んなことを思いつくままに書けることが利点でもあり、報告書を書く時にも活躍をしていました。
帰宅したらパソコンのワードにコピペすれば出来上がりというかなり簡単に報告書できることもあり、自分としたらなくてはならない存在でした。

そのこともあり、取材の時の原稿や、それから報告書の下書きなどに活躍をしていたポメラを見た周囲の人はパソコンだと思っていたのが半数に近いことを今でも覚えています。
後は、中古で購入をしたsonyのMylo-com2の時もありました。
これにはデジカメ機能もついているし、ハードキーボードがあるので、小さなパソコンまたは携帯電話のような機器ということもあり、立って移動しながらできるポメラのようなものという感じでよくバッグの中に入れていたのを覚えています。

Tags : | add comments

「制限あり」は見たくない

Posted by tinyseo on 金曜日 2月 26, 2016 Under インターネット

私は現在、インターネット無料(J:COM)の物件に住んでいます。
テレビの壁面端子に、インターネット用とテレビ用の分波器をつないでいます。
インターネット用のケーブルはモデム(レンタル品)につなぎ、それにauのHOME SPOT CUBEルーターをつないでいます

。OSがWindows8.1UPDATEのパソコンをつかっているのですが、たまにネットにつながらなくなることがあります。
正常な状態の時は階段状のアンテナマークが表示されるのですが、たまに階段がグレーアウトして何か星印のようなマークが付きます。
ポインタを合わせてみると、「制限あり」と表示されます。一回切断してもう一回接続すれば改善されることもあるのですが、それでもダメな時にはある方法があります。

それは、モデムとルーターの電源を一度切って、5分位経ってからモデム、ルーターの順に電源を入れます。
そうすると、見事ネットに接続できるようになります。
この方法は、J:COMの人に聞きました。この「制限あり」になる理由は分かりませんが、あまり見たくないものですね。

Tags : | add comments

池井戸潤 など

Posted by tinyseo on 木曜日 9月 3, 2015 Under 書評

「オレたちバブル入行組」池井戸潤

池井戸さん、真保さんはまぁ安定の面白さですね。ドラマでも花咲舞と民王が扱われている池井戸さん、次クールはとうとう?「空飛ぶタイヤ」をやるそうで。これは未読なので楽しみです

「長き雨の烙印」堂場瞬一

先月初めて読んだ堂場さんは、最初は犯罪モノ、刑事・検事モノ中心なのかと思っていたら、意外とスポーツものを多く書いていて。
「チーム」は箱根駅伝の学連選抜チームに焦点を当てた物語でした。「風が強く吹いている」by三浦しをんも好きな私、これもとっても楽しく読みましたく
続いての「ヒート」も、続編とまではいかないけど、同じキャラクターが登場してたりして、やはりマラソンがテーマ。「独走」もマラソンもので、世界陸上もちょうどやってたし、面白く読みました

「マエストロ」篠田節子

篠田さんは今回読むのが二作目、いずれも音楽もの。今回は美人バイオリニストの話でしたが…そうそう、ヒロインが国立大学の音楽科の講師として働くという場面があるんだけど、これがどーも私の卒業した教員養成系の大学がモデルかな?という描写で可笑しかった 音大のような華やかさがなくて地味だとか、教授も車を使わず駅から20分歩くんだとか…本筋とは関係ないけど、自分の大学時代を思い出して懐かしかったな。

Tags : | add comments